非磁性スタイラスポイントファインダーセンタリングゲージスウィングタイプツールセッターセンタリングゲージその他製品

残留磁気についてDVDを見る

お問い合わせや資料請求はこちらから

ユーザーの皆様からよくある質問をまとめました

よくある質問 製品について

このカテゴリの質問一覧を見る



質問 『外部接点方式』と『内部接点方式』の違いは何ですか?
購入する際の注意点などはありますか?
答え 機内計測・機上計測をする時の大きな違いは、
測定物が金属・非鉄金属の場合は『外部接点方式』、
木・プラスチックなどの非金属の場合には『内部接点方式』になります。
つまり測定物が通電性のあるものかどうかで使える測定器が異なります。


外部接点方式ポイントファインダーの基本原理 <<外部接点方式>>  
利点: 
 安価で高精度な測定が可能。
欠点: 
 木やプラスチック、錆びた金属は測れない。
 セラミックスピンドルにはマグネットケーブルが必要。

【外部接点方式ポイントファインダーの基本原理】
 機械は金属でできています。
 金属は電流を流すことができます。
 主軸にポイントファインダーを取り付けるとワークまで微弱
 電流が流れ、(-)が帯電します。心棒が(+)に帯電しています
 ので、これがワークに触れるとLEDが点灯します。

【ポイントファインダー(PTN、PTC、WP型)、センタリングゲージスウィングタイプ(NM型)】
 は、ここがワークよりスタイラスの半径分離れたところとなります。
 半径分補正すれば1/1000mmの精度で心出しや計測ができます。

【ツールセッター(M-50、S-50、S-100型)】
 は、ワークより50mm又は100mm離れたところに刃先が来ています。
 ツールセッターはマシニングセンターのファナックでは「+入力」、オークマでは「書き込み」
 ボタンを押せば、オフセットに工具長が自動入力されます。 【詳しくはこちら】

セラミックベアリング仕様のMCにはマグネットケーブルが必要です

なお、エンドミルのコーティングがALC、DLCなどの場合も外部接点方式では測定できません。
ご購入の際に外部接点か内部接点か不明な場合は、一度弊社までご確認下さい。




<<内部接点方式>>
利点: 
 木、プラスチックの非金属製品など、
 どんな材質も測れる。
欠点: 
 『おむすび型』の誤差が出る。
 スタイラスのたわみによるラグが生じる。
 外部接点方式に比べて高価。
内部接点方式ポイントファインダーの基本原理



【内部接点方式ポイントファインダーの基本原理】
 内部接点方式は3支点構造で、スタイラスがワーク
 に触れたときに支点が外れて測定ができる仕組み
 です。その際にスタイラスのたわみによるラグが生
 じます。
おむすび型の誤差 【『おむすび型』の誤差の原因】
 スタイラスがワークに触れてたわみ
 はじめます。
 その後内部の電気接点が外れて  LEDが発光します。
 内部の接点は右図のように三点支  持構造になっています。
 接点が外れるとき三角形の二点が  支点になる場合と一点になる場合  があります。
 支点間の距離が二倍となるためおむすびのような誤差が出ます。
 おむすびの頂点と辺の間に仮の円を描きますと円と辺の誤差が±2μmであることが
 分かります。たわみ量はスタイラスの太さや長さに影響しますのでゲージブロックを
 計測してゲージブロックからその値を引いて1/2にしたものが補正値となります。
【たわみの補正のしかた】
 テーブル上に固定したゲージブロック(例えば
 20mm)を計測するとCRT上に20mm+スタイラス
 の直径の数値が出るはずですが、スタイラスの
 たわみにより実際には小さく出ます。
 この値の半分がたわみ量になります。
 たわみ量は一定していて変わることはございません。
 補正値としてお使いください。

【ツールセッター(i-50)】
 ラグは出ません。
 LEDが点灯した所でファナックでは「+入力、オークマでは「書き込み」ボタンを押せば、
 オフセットに工具長が自動入力されます。
製品リンク この質問に関係のある商品は以下の通りです。クリックすると該当ページへジャンプします。
【ポイントファインダーシリーズ】  【ツールセッターシリーズ】
このカテゴリの質問一覧を見る